先日楽しみは昔の人の真似をして料理をする趣旨。家でじっくり自らできるのでとっても自身にはナイス。次個々を料理に叫ぶ意向だ。昔の人のようにうまくできるかしら。

ボクは現在何でも乾かすことにはまっています。
干物を自分で作るということです。
なんだかんだ調べてみたら、なんでも天日にあてて干してみるとまったく栄養分価が挙がるということが分かったというのです。
がんらい栄養分価が高いものを何かと食べておるわけでもありませんし、成否も多いです。
そんな中で、多少なりとも簡単に身体にいいものを食べようといった、干物に注目したというわけです。
そういう自作干物は色々なものでできます。
たとえば、大根が一本98円という安売りだったときに大量に購入して、それを一本は生でサラダとして取るのですが、余裕は干しておくのです。
働きによってカットします。
輪切りとして煮物行動、短冊切りは漬物行動、千切りは切り干し大根で戻すというサラダに出来ます。
そんな風に干しておけば朽ちることを気にしないで長く取る事が出来ます。
栄養分価もアップするらしいです。
一層、キノコ部類もつぎつぎ干します。
おつとめ品でシイタケやエノキやエリンギが安くなった状態が買い時だ。
これはエノキはほぐしたり、シイタケやエリンギは細切りにする結果、乾燥させるってふとした炊事にサッと取り入れるだけで美味しい具合に戻って、風味も出てめっきり旨いのです。
干物というフードを編み出した先人たちの叡智に感謝しながら、我が家のベランダは干物ばっかりになっています。評判の歯磨きはこれです